近藤和也オフィシャルサイト
衆議院議員『こんどう和也』公式ホームページです

ログインskip to content

Archive for 3月, 2018

水曜日, 3月 21st, 2018

朝一、最終の新幹線で東京から石川へ日帰り。
穴水町曽福へ。
坂本三十次さんのお墓参り。
現在の政治状況を見たらどのように感じられるでしょうか。
珠洲市でふれあいトーク。
皆様と有意義な意見交換が出来ました。
いくつかの宿題もいただきました。
ご参加いただいた皆様、主催していただいた方、ありがとうございました。
中能登町内、金沢市内訪問。
東京へ。

火曜日, 3月 20th, 2018

行政改革・情報公開推進本部勉強会。
政調・国対合同役員会。
財務金融委員会。
途中で災害対策特別委員会理事懇談会。

今日も財金は21時半まで。
明日の朝一の新幹線で帰ります。

前半の質疑は関税定率法。
関税、水際のその先の問題として、大和堆における北朝鮮船籍による違法操業問題を私の第一問目の中で取り上げました。
近藤和也(希望の党・無所属クラブ)

関税の議論で、かつ外務省に問うことも含めて、半ばこじつけ気味かなと心配しましたが、委員の反応を見て、やってよかったと。

能登の漁業関係者にとっての死活問題は国にとっても死活問題。
問題可決のためにも他地域の国会議員に共通認識をしっかりと持ってもらえるよう、これからも取り組んでいきます。

月曜日, 3月 19th, 2018

教育現場不当介入問題 野党合同ヒアリング。
中国エコノミストとの懇談会。
翌日の質問へ向けての準備等。

日曜日, 3月 18th, 2018

輪島市内、珠洲市内、七尾市内訪問。
夜は穴水町で懇親会。
最終の新幹線で東京へ。

土曜日, 3月 17th, 2018

内灘町内、中能登町内、七尾市内訪問。

金曜日, 3月 16th, 2018

行政改革・情報公開推進本部勉強会。
財務金融委員会。
代議士会、本会議。
財務金融委員会。
今日も夜までの質疑。

木曜日, 3月 15th, 2018

農林水産政策懇話会。
国交省レク。
希望の党・民進党による「働き方改革検討のための合同会議」。

水曜日, 3月 14th, 2018

朝一の飛行機で山形入り。
衆議院災害対策特別委員会として山形県大蔵村、村山市へ被害状況調査、ヒアリング。

例年23mは降り積もる地域で雪に慣れているはずなのに、「今年はさすがに参った」と。

(大蔵村は積雪4.45m、1日で1m以上降った日が何日かあったのに、小学校などの休校は1日も無かったそうです。それだけ対策も取られています。)

各種要望を伺うなかで、特に問題になったのが「凍上災」の基準。

両村市ともその基準値に達していないことに対し、改善策がないか求められました。

 

国会は森友関係公文書改竄をめぐって不正常な状況が続いていますが、

災害については別とのことで、この委員会は通常通りに動いています。

 


火曜日, 3月 13th, 2018

国民瀬克・基本施策部会/地域活性化総合調査合同会議。
「働き方改革虚位データ疑惑」野党合同ヒアリング。
政調・国対合同役員会。
「森友文章」ねつ造疑惑野党合同ヒアリング。
憲法調査会。

月曜日, 3月 12th, 2018

七尾市倫理法人会。
スギヨ前、市役所前で朝の街宣。
上京。
財務金融委員会理事懇談会。
財務省が認めた森友学園関係文書の改竄の対比表が示され、その説明を受けました。
議論の前提となる文章が改竄されていた、まさに行政府による国民の冒涜、民主主義への(悪い意味での)挑戦といってもいいかもしれません。
役人が必要のないリスクをとってまでこのような行為をする必然性が見当たりません。政治の関与も含めて、真相解明を行い、二度とこのようなことが起きないようにする必要があります。与党の皆さんには健全な民主主義を守るという点で、ぜひとも様々な方の証人喚問も含め、真相解明に協力をしていただきたいものです。
続いて、
森友学園ねつ造疑惑野党合同ヒアリング。

« 前のページ次のページ »

カレンダー

2018年 3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事のカテゴリ

月別の記事

こんどう和也事務所
石川事務所
〒926-0054 石川県七尾市川原町60-2
TEL:0767-57-5717
FAX:0767-57-5743

国会事務所
〒100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館819号室
TEL:03-3508-7605
FAX:03-3508-3985

E-mail:ishikawa3@kondokazuya.com