近藤和也オフィシャルサイト
衆議院議員『こんどう和也』公式ホームページです

ログインskip to content

Archive for 5月 14th, 2015

ここが歴史の正念場877

木曜日, 5月 14th, 2015

穴水町此木、鵜島で朝の街宣。
穴水町由比ケ丘、北七海、中居、波志借、輪島市三井町漆原、三井町長沢、三井町本江、三井町仁行、三井町中、能登町当目 当目◆黒川、五十里、重年、百万脇、笹川、石井、上町、天坂で街宣。

集団的自衛権行使を含む安保法制が閣議決定。
国会での議論はこれからとはいいながらも、もはや結論が決まっている。

問題点は大きくは二つ。
・進め方の問題
前回衆院選でもほとんどふれていない。
米国で成立を宣言。
・中身の問題
周辺事態からいつのまにかアメリカとともに世界の警察へ。
安全が確保出来なければ撤退するなど非現実的。

「米国の若者が血を流す、これに対して日本の若者が血を流さないのは対等な同盟とは言えない。」
現総理の言葉です。
日本国民は果たしてここまで覚悟が出来ているのでしょうか?

日本の目指すべき道は、
歴史問題を乗り越え
経済連携をすすめ、人口増加しながら経済成長するアジア諸国の経済的果実を受け取り、かつ中国の領土的野心を抑制することで国防予算の増大を抑え、
社会保障費の増大、金利上昇という「前門の虎、後門の狼」による国家破綻リスクを低減させる。この間に適正人口による社会の安定を目指す。

現総理の目指す日本は
先の大戦の屈辱や汚名を晴らし、覇権国家としての日本をつくること。
短く書くと乱暴になってしまいますが、こういうことなんでしょう。

私は安倍氏とは目指す日本の姿が違います。

保守本流の姿は彼には見えません。
大切な日本・故郷を守り未来へ繋げていきたい。
私の想いは保守の本流に位置するものです。

自分は自民党(員)だと自認する方、地方議員の方、
私はそれを非難・否定するつもりはありません。

でもこれで本当にいいんでしょうか?

あらためて自分は保守だ自民党(員)だと自認される方や地方議員の皆さん、
そして公明党員の皆さん、
力を貸してください。
今の国会の構成ではどうしようもありません。
世論の力が必要です。

何が一番大切か。

私は日本のこれからを守りたい。
日本の歴史の正念場です。
力を貸してください。

次のページ »

カレンダー

2015年 5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事のカテゴリ

月別の記事

こんどう和也事務所
石川事務所
〒926-0054 石川県七尾市川原町60-2
TEL:0767-57-5717
FAX:0767-57-5743

国会事務所
〒100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館819号室
TEL:03-3508-7605
FAX:03-3508-3985

E-mail:ishikawa3@kondokazuya.com