近藤和也オフィシャルサイト
衆議院議員『こんどう和也』公式ホームページです

ログインskip to content

Archive for 4月, 2013

125

土曜日, 4月 20th, 2013

羽咋市千路、猫の目交差点で街宣。
金沢市へ移動。
県連常任幹事会。
参議院選挙一川保夫選対を発足。
七尾市内訪問。
志賀町徳田、新林、代田、舘開、牧山、仏木、火打谷、梨谷小山、北吉田、小室で街宣。
夜は七尾市内でお祭りと宴席。

めげずに連日の長文124

金曜日, 4月 19th, 2013

朝から七尾市、中能登町内訪問。
夕方にはかほく市訪問。

昨日は迂回献金について長文を書き、お読みをいただいた皆様に心より御礼を申し上げます。

で、昨晩に書いてから22時間ばかりがすぎたところですが、HPへアクセスしていただいた方の数は
133名。

ネット選挙運動解禁法が本日成立しました。
もっと多くの皆様にも関心を持っていただけるよう、
私のHP、ブログの中身にも変化が求められているんだと思います。

それでもとりあえずは昨日の続き・・・

一応は寄付控除をされていた政治家の方から「違法ではない」「節税のつもりはなかった」とのコメントが多く出ているようです。
この表現は間違いではありません。

が・・・

今の租税特別措置法では、国会議員、都道府県会議員、政令指定都市市議会議員の資金管理団体、及び(一定の要件を満たす)政党に対する寄付については、寄付していただいた方の所得が控除されます。概ね3割の控除があります。
ただし、租税特別措置法によって「特別に利益が及ぶ」者による寄付については、控除の対象外となっています。この「特別の利益が及ぶ」という表現が何を指すというのが、今回の問題の源泉にあります。まず、自分の資金管理団体への寄付が「特別の利益が及ぶ」とうのは確実で、さすがにそれで控除をしている方はいないでしょう。ただし、自身が代表を務める政党支部についてはグレーゾーンがあるといわれています。なので迂回献金の余地があるということです。つまり、一旦政党支部に寄付をした上で、その後、当該政党支部から自身の資金管理団体への寄付というかたちで、政治団体間で動かせばいいというわけです。

しかし、よく考えてみてください。このケースでは普通に考えれば「特別の利益が及ぶ」状態にあるでしょう。さらに、法令を知っていたか否かに関わらず、自分が代表を務める支部に寄付をしてそれで控除をしてもらうことがおかしいと思わないのであれば、それは政治家として感性がずれているとしか言いようがありません。

「知らなかった」、「その意図はなかった」というコメントも散見されますが、まずあり得ません。控除のためには、その寄付をいただいた政治団体は、当該寄付を政治資金報告書で特別に書き出す必要があります。そして、その政治団体は控除のための書類を選挙管理委員会からもらった上で、寄付をしていただいた人に渡さなければいけません。その書類をもらった寄付者は確定申告の際にその書類を提出して、控除の手続きが完了です。これだけの手続きをして一切知らなかったとするなら、それは政治家として資金管理を人任せにしすぎです。あくまでも寄付控除はプライベートな話ですからね。
下手な言い訳ほどみっともないことはありません。

まあ、長々と書きましたが、

そもそもは今回の問題は
政治資金規正法や租税特別措置法に穴が多いことの裏返しでもあります。
私も昨年までは国会議員でしたから問題意識を強く持っていれば法改正へ向けての具体的な行動をとれたはずです。
この点は私の不明を恥じるばかりです。

その上で、法をつくるものが、抜け道的なことを行っていたことは極めて残念でもあります。

自らを律する。
他人を律するよりも難しいのかもしれませんね。
でも、政治家はそれができないと。
と、
私自身に言い聞かせます。

迂回献金問題について123

木曜日, 4月 18th, 2013

志賀町、能登町、珠洲市内訪問。
夕方からは七尾市内、
夜は宝達志水町でセブンティーズの会。 未来を望む熱い会でした。

今朝の地方紙の記事「県関係議員も寄付控除」について抗議をしました。

この記事を読み、「近藤もおかしなことをしているんじゃないか」と思われた方もおられるかもしれません。

まったくおかしなことはしていません!!!
一川保夫さん、沓掛哲男さん、奥田建さん、田中美絵子さんも同様です。

今回の迂回寄付問題は自分の後援会や資金管理団体に直接寄付をせず、政党支部へ寄付をし(これによって寄付控除が受けられる)、そこから後援会や資金管理団体に寄付をしていることが問題となっています。
じゃあ直接、後援会や資金管理団体になぜ寄付をしていないのか?ということです。(こちらは寄付控除は受けられません)

一応は、自分が代表を務める政党支部に寄付をしてその上で寄付控除を受けることは法律上は明確に禁止はされていません。
ただし、
社会通念上は「おかしい!」と思うのは当然です。
その上、控除が出来ない後援会や資金管理団体へお金を回していたら、政治家の感覚として問題だと言わざるをえません。

今回、そもそも私たちは寄付控除を受けていません。

問題とされるべきは政党支部へ献金をし、それが寄付控除を受けているかどうか、さらにはその(寄付控除を政治家が受けた)上で政党支部から後援会や資金管理団体へ寄付をしていることです。
この行為はいわゆる迂回献金と言われても致し方ありません。
最初から後援会や資金管理団体へ寄付をしていれば、政治家への還付は一切ありませんが、政党支部であれば政治家の手元にお金が戻ることになります。
優しく言えば税額控除、トーンを少し強めれば節税、きつく言えば脱税です。

2011年度、私は私が代表を務める「民主党石川県第3区総支部」(政党支部)へ寄付をしています。その一部が「こんどう和也を育てる会」(政治資金管理団体)等へさらに寄付をされています。もちろん、政党支部への寄付行為において寄付控除は申請していません。
新聞紙上ではこの(政党支部)→(政治資金管理団体)、この流れを「還流」と表現しています。
ただし、この逆も当然あり、事実、私自身が2012年度においては(近藤和也)→(政治資金管理団体)→(政党支部)という寄付行為を行っています。

要は寄付控除を伴っていなければ(近藤和也)から(政党支部)や(政治資金管理団体)・(後援会)のどの順番かもしくは配分で寄付をしようが、問題視すること自体がナンセンスだということです。どちらが上流、下流というものではりません。
寄付控除も受けていないのに、「還流」という、あたかも文脈上、私があまり良くない行為をしていたかの表現を新聞紙上で使うこと自体極めて不適切だと言わざるを得ません。

私は選挙においては「良識」や「見識」という言葉を使うことはしません。
なぜなら、それぞれの立場において「良識」や「見識」、そして「正義」があるからです。
しかし今回ばかりは言いたい!

「見識」ある記事を望む。

(明日もこのことについて書きます。)

122

水曜日, 4月 17th, 2013

羽咋市兵庫町交差点で街宣。
FMかほく収録。
中能登町、志賀町、七尾市内訪問。

愛車「ジム」も暖房・冷房・暖房と頑張っています。
私も負けていられません。

121

火曜日, 4月 16th, 2013

高松インター出口、宇野気郵便局で朝の街宣。
金沢市内訪問。

温かい手も冷たい手も、どちらもありがたく思える自分でありたいものです。

120

月曜日, 4月 15th, 2013

七尾市倫理法人会。
スギヨ前、小丸山公園下で街宣。
七尾事務所打ち合わせ。
金沢市内訪問。

119

日曜日, 4月 14th, 2013

津幡町野瀬川公園桜まつり。
かほく市へ。多々見邦次かほく市議候補の出陣式。
宝達志水町免田、北川尻、荻市、荻谷、聖川で街宣。
宝達志水町桜まつり。
中能登町で七尾青年会議所主催の運動会に参加。

118

土曜日, 4月 13th, 2013

DSC_0260.jpg

好天の中での街宣。
七尾市能登島から。半浦、通、田尻、久木、百万石、閨、無関、南、別所、曲、向田、二穴、日出ヶ島、野崎、長崎、虧棔八ヶ崎、祖母ヶ浦。
これで能登島地区は全地域街宣達成。
最後の祖母ヶ浦を終えての移動中、久しぶりにイルカに会えました。
中島地区長浦、鹿島台、深浦、小牧、横見、田岸、外、上町、
中能登町羽坂交差点。
今日は27か所で街宣。
夜は七尾市で「ちょんこ山」の人形見へ。

安倍さん!胸を張ってる場合じゃないでしょ?!117

金曜日, 4月 12th, 2013
冷たい雨。
このような時は、訪問活動&諸作業。
七尾市、金沢市内訪問。
何をするにしても時間がかかります。車のラジオから聞こえてくる日米事前協議について、大丈夫か?との思い。

私はTPP交渉参加賛成派です。

その上で、
日米事前協議はやはりと言うべきか譲りすぎ。
かんぽも自動車も、高い参加料。だって、TPPはこれから押したり引いたりするんでしょ。アメリカから何か獲得したの?

国益を守る・・・って、どうして日本の市場に日本のかんぽが第三分野に入ることを止められるの?郵政の収益確保と拡大が株式の上場、しいては被災地復興財源、これこそが国益でないの?

国益を損なってるよ!

「各国にセンシティブ品目があり…」
TPPはもう既に全ての関税撤廃というものではなくなっているのに、この文言を勝ち取るために、先にアメリカにギブをしてしまった。

「聖域なきTPP交渉には断固反対!」
この公約を守り、反対されている方々に説明せんが為に、当たり前の文言だけ確認をし先に譲るものだけ譲ってしまった。

安倍さんの前向きな姿勢を見ていると、
先からTPP賛成と言っておけばこんなことにならなかったはず、と悔やまれます。政治が官僚の足を引っ張ってしまう悪い例です。

もちろん、この高い参加料は他国も見ている訳で、
これからの交渉の行方が心配です。

116

木曜日, 4月 11th, 2013

午前中より中能登町内訪問。
雨&みぞれの為、お昼過ぎより七尾市内、宝達志水町内、羽咋市内訪問。
夜は七尾市で。

« 前のページ次のページ »

カレンダー

2013年 4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

記事のカテゴリ

月別の記事

こんどう和也事務所
石川事務所
〒926-0054 石川県七尾市川原町60-2
TEL:0767-57-5717
FAX:0767-57-5743

国会事務所
〒100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館819号室
TEL:03-3508-7605
FAX:03-3508-3985

E-mail:ishikawa3@kondokazuya.com