近藤和也オフィシャルサイト
衆議院議員『こんどう和也』公式ホームページです

ログインskip to content

Archive for 3月, 2011

木曜日, 3月 31st, 2011

「桜井ひろあき」さん
「竹内たつや」さん
「本吉きよと」さん
をご支援いただいているみなさま、本当にありがとうございます。

前の衆院選で私の事務所で一年近くずっと一緒に戦っていただいた
白山市の「池田ひでかず」さんも頑張っています。

・財務金融部門会議
税制改正WTと合同で震災対策について議論。
・代議士会、本会議
・政調役員会

水曜日, 3月 30th, 2011

「桜井ひろあき」さん
「竹内たつや」さん
「本吉きよと」さん
をご支援いただいているみなさま、本当にありがとうございます。
ゴールはもう少しです。
日本のために、石川のために、頑張りましょう!

・農林水産委員会
森林法、お茶振興法の採決。緊急事態の妥協の産物です。
・有志の会
・農林水産部門会議(水産対策WT)
震災対応要望についてJF等関係団体からヒアリング。WTとしても政府への提言書素案をまとめました。三陸海岸の復興は「ドル箱」であった水産業への支援が大切であることに異論はないと思います。たんなる道路への投資とは違い、例えば船や加工機械、倉庫への国庫からの投資はキャッシュを生みます。優先順位を間違わないようにすることが重要ですが、すべてに均等に投資が出来るわけではなく、被害の軽重による即時的な対応と地域間による拠点性の考慮は難しいものがあり、ここには政治的な決断が必要だと感じます。
・観光庁と打ち合わせ
災害対策法による被災者の受け入れについて。
国家として「来るかもしれない時」への対応

石川県として観光産業を守る観点からの「先行者利益の追求」

例え空振りであったとしても準備をしておく必要があります。
・農林水産部門会議
・国土交通部門会議

火曜日, 3月 29th, 2011

・幹事長室・ボランティア室合同打ち合わせ
長妻さんより、被災地の患者移送についてシステムが出来たことが報告されました。私も10日ほど前からかかわってきた案件だけに嬉しい思いです。
・代議士会、本会議
・財務金融委員会
租特等のいわゆる「つなぎ法案」の採決。
・本会議
23年度予算が成立。財金と厚労の子ども手当、それぞれの「つなぎ法案」が可決。

東京電力がストップ安。保有先の期末の評価減が心配です。
いくら天災が原因とはいえ、トップがほとんど顔を出さないのは問題と言わざるを得ません。
福島第一原発については津波が主たる今回の原因だったのか、もしくは地震によってそもそもの影響が出たのかはもう少し時間を経ないと分かりませんが、少なくとも東京電力の姿勢に問題があることは間違いありません。
危険であるということでは極論かもしれないですが、車も包丁も同じ。ただ、危険であったとしてもそれを製造し使うかどうかは今を生きる私達が決めることであり、関東圏の計画停電は原発に対し「便利かもしれないが、時によっては危険もあるがどうしようか」と初めて全国民的に問題を突きつけたとも言えます。
今は少なくともはっきりしていることは、信頼のおけない先に「それ」を預けたくはないということです。車も意識がもうろうとした人が運転すれば凶器でしかありません。
東京電力には当面の事態の鎮静化は当然のこととして、何が原因だったのか、何が至っていなかったのか、今後はどういった選択肢があるのかをはっきり示していく責任があります。崩れた信頼もその過程でしか取り戻すことは出来ませんし、取り戻すことが出来なければ国としても考えなければいけません。そういった意味も含めて、政府(政治家)も共同責任だということもあらためて自覚する必要があります。 

救援物資のお知らせ

火曜日, 3月 29th, 2011

七尾事務所にも救援物資が多く頂いております。ご協力ありがとうございます。
少しずつ救援物資のニーズがわかってきましたので、まずは必要なものから対応していきたく、下記物資をお知らせします。
この案内は事務所にも張り出しますが、持ち込みの際には一度問い合わせいただくとスムーズにできると思いますのでできる範囲でご協力お願いします。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
被災地では、以下の物資を必要としています。
/(ペットボトル/500ml、1ℓ、2ℓ)
⊃料(カップ麺、インスタント麺、アルファ米等保存可能なもの)
ベビー用品(粉ミルク、紙オムツ)
す睥霄塒僖ムツ、尿失禁用パッド
ゥ肇ぅ譽奪肇據璽僉次▲椒奪スティッシュ、ウェットティッシュ
Ε泪好
Щ箸ぜ里謄イロ
┫ヅ澱咫蔽隠院礎隠粥
ブルーシート
毛布(新品、またはクリーニング済みのものに限る)
タオル、バスタオル
防寒具、作業用雨カッパ、衣類、下着(新品のものに限る)
割り箸、使い捨ての皿、コップ 等
掃除用品(ポリバケツ、ゴム手袋 等)
※上記以外の物資もお預かりする場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

先日、石川3区の各自治体の対応状況の一覧をアップしました。
早速かほく市の多々見邦次市議会議員から連絡をいただき、すぐにかほく市の部分を修正することができました。また多々見市議にはかほく市のホームページ更新にもご尽力いただきありがとうございました。
今後もご意見賜りたくお願いいたします。

月曜日, 3月 28th, 2011

ボランティア室で朝の打ち合わせ。
事務所内各種作業、国対で情報収集。
夕方から災害対策特別委員会。
各政党から11名の被災地選出議員の悲痛な声。暖房が切られていても寒さを忘れます。
災害対策の過去の特例はすべて対応し、それを超えたある意味「非常識」な新しい対応を考えるくらいでないと。それをするのが政治の役割です。

東北地方太平洋沖地震へ石川3区からの支援

月曜日, 3月 28th, 2011

石川3区内における支援状況を一般の皆様にわかりやすく一覧できるようなものを作成しました。 近藤和也サイトをみたらどこにどのような支援ができるかをなるべく簡単に見えるように心がけました。
今回は各自治体の支援状況です。基本的にWEB活用の観点から各自治体サイトでの公開情報を対象とし、検索、リンクしています。各自治体サイトは随時情報更新しており、こちらで対応できずに見落とし、リンク間違いなどある場合、お知らせ頂ければすぐに対応いたします。また、サイトに反映されていない支援情報もたくさんあると思いますが、各自治体サイトで公開後に対応しますのでご了承ください。

一般の皆様からみて使い勝手がよいものになればとの主旨をご理解いただき、どんどんご意見ご指摘いただければと思います。

※3月24日時点の各自治体サイトを元に作成しています。

義援金 救援物資 ボランティア 被災者受入 その他
石川県 受付窓口 企業団体受付 医師等募集
災害ボランティア登録
住宅提供(県営、市営、町営) 県内中小企業者への支援策(緊急経営安定支援融資の拡充)
七尾市 受付窓口 受付窓口   受入住宅
ホームステイ家庭の募集
 
輪島市 受付窓口 受付窓口 ボランティア募集登録 受入施設 今までの支援内容
珠洲市 受付窓口 受付窓口      
羽咋市 受付窓口 受付窓口 災害ボランティアは県へリンク    
かほく市 受付窓口 受付窓口    被災避難者の受入状況(市営住宅・個人宅)  かほく市職員の派遣状況
能登町 受付窓口 受付窓口      
穴水町 受付窓口        
志賀町 受付窓口        
中能登町 受付窓口 受付窓口      
宝達志水町 受付窓口        
津幡町 受付窓口      
内灘町 受付窓口 受付窓口     これまでの取り組み
福島原発関係における被ばく相談窓口

 

被災地へ

日曜日, 3月 27th, 2011
   

2011032814220000.jpg
↑左が私、右が竹内たつやさん

松島町ボランティアセンターに到着。高橋昭一議員とともに松島町長に挨拶後、早々に作業開始。
私達の参加は42名、総勢で100名近くだったと思います。余計な気を使っていただかないように、議員や秘書を中心とした編成であることは伏せての参加です。
作業内容は観光施設や駐車場にある泥を土のう袋に詰めるというもの。想像以上に泥に粘りがありスコップからなかなか離れなく、どんどん手が重くなっていきます。匂いも相当なものでしたが、時間が経つにつれ泥が減っていく姿に復興への一歩の時間を皆さんと共有しました。
観光センターの2階では営業もしており、笹かまとフカヒレラーメンセットを買いました。商品数はまだまだ少ないものの着実に復興への道を進もうとされています。
別のボランティアグループの皆さんとも休憩時間に少しお話をさせていただきました。「何かしたい!」という思いでネット検索をしていたら松島町のボランティア募集が目に入り、二日前に急きょ参加を決めたそうです。
ボランティアの皆さんの思いと被災地での要請を結びつけることは容易ではありません。人数、作業内容、指揮系統等々、ある程度のものが整っていないと作業が進みません。
松島は今回の大震災において、他の地域と比べて被害が小さかった。多数のボランティアにお願いできるステージまで他の地域に比べて早く来ているとも言えます。家族で何度か来たことがある松島の水族館も無事だったようです。
途中に塩釜を経由してきましたが、被害はもっと大きかったように思います。「もっと大変なところの作業をした方がいいのでは」という思いも持ちましたが、お手伝いできるところから、回復できるところから回復していただく、これも一つの復興への手順だと思います。
日本三景の一つでもある松島。
目線を上げれば松島の海は災害があったことを全く感じさせません。
観光地としての受け入れ態勢の復活が、さらなる被害に苦しむ宮城県の他の地域や東北地方全体の復興の大きな原動力になることを願います。

午後の作業を終え、石巻へ移動。
100円の有料だった時何度も渡った日和大橋の通過前後、
信じられない光景に
言葉になりません。
自衛隊の隊員の姿が数多く見えました。
何から手をつけたらいいのかわからないとはこのことを言うのだと思いましたが、それでも何かが進んできていることは間違いありません。
海岸線に近い被害が甚大なところは正直、特殊能力のないボランティアの入る余地はないと感じました。
中里のバイパス周辺が泥がかぶっている状態で、駐車場等を見る限り松島に似たような状況に見えましたが、正直、「なぜこんなところまで津波が、どうやって来たんだ」との思いです。ただ、こういったところはボランティアの活動余地が大きいとも感じます。
また、どの地域かは確認していませんが、今日は同僚の議員の何名かは家屋内の泥や家具などの撤去作業を行っていたそうです。

大震災と一言で言っても地域によってその様相は全く違います。復旧・復興もそれぞれの段階に配慮が必要だとあらためて感じます。

大自然の前に人間の力のはかなさを感じずにはいれません。
でも、はかなくも頑張ってきた結果が今の私達の素晴らしい文化をつくってきていることは間違いありません。
負けたくはない、とは少し表現が違うかもしれません。自然に勝とうとすることに無理というか違和感はやはり感じずにはいれませんが、ただ、日本を残したい、文化を残したい、亡くなった方々に対しても私達が心を折るわけにはいかない、そのためにみんなで力を合わせて乗り越えていこう!
そういう思いです。
いつの日か克服・達成感とともに、人間の素晴らしさを感じる日が来ると信じます。

土曜日, 3月 26th, 2011

桜井ひろあきさん
竹内たつやさん
本吉きよとさん
皆さん頑張っています。

夕方まで津幡町訪問。
竹内たつやさんと上京、直広と合流、松島へ向け車中泊。

日銀の国債引き受け論

金曜日, 3月 25th, 2011

・農林水産部門会議
風評被害、畜産価格について。
・ボランティア対策室打ち合わせ
26日夜出発で松島の土砂撤去作業に行くことになりました。
・国土交通委員会
港湾政策について。採決。
・国会対策委員会全体会議
・代議士会、本会議
・財務金融委員会
国債の日銀引き受けについての議論は今後数週間は白熱してくると思われます。
日銀いじめがある意味定番になってきている自民党の山本幸三議員の推進論にも、今回の議論のについては民主党の議員も前向きに捉えていた方も多かったように思います。

私は

日銀の国債引き受けには反対です。

通常の国債増発と国債引き受けによる増発、どちらが国際的にかつ、マーケットから信用を失うか。
スタンダードな方式や共同地方債形式で災害復興を冠し、利子課税優遇か投資額非課税優遇などで個人投資家を主な投資対象と結果としてすることで、既発債市場の悪影響の緩和も狙う。 預貸率が低い中、銀行にも悪影響が少ない。
高橋是清の時をもって正当化しようというところが見えますが、国内外の金融市場の状況は全く違います。
現状の日本の世界の中における金融市場の役割、国内金融市場の個人や銀行の状況を考えると、国債の日銀引き受けは余計なリスクを取るものと言わざるを得ません。

北陸新幹線

木曜日, 3月 24th, 2011

・農水部門会議(森林・林業WT)
・災害対策本部総会
・財務金融部門会議
震災対応について銀行、生損保、公認会計士協会からの要望ヒアリング。
・政調会長補佐会議
・拡大成長役員会
・ボランティア対策室会議
対策が比較的に後回しになっている青森県の担当になりました。被害や避難民の方々はほとんどが八戸市ですが、まずは救援物資、そしてボランティアの要請・派遣のマッチングを行っていきます。

今は震災救助が最優先、そして復興と続きます。
まだ早い!と、おしかりを受けるかもしれませんが、復興を進めていく時には、「地域のカタチ」「国のカタチ」を念頭に入れたものでなければいけません。

北陸新幹線。

正直、私は北陸新幹線に強い思いをもっていたわけではありません。むしろ、七尾線の維持により力を入れるべき、という考え方です。七尾線維持、という点は変わりはありませんが、この震災においてあらためて北陸新幹線の重要性を認識せざるを得ません。
東海地方での地震が、南海・東南海との連動型地震かは分かりませんがいつかは必ずやってきます。その時に、間違いなく日本の動脈が一時的にせよ断ち切られることは間違いありません。例えば浜名湖を考えれば、新幹線や高速道路等の基幹路線が細いところに束になっています。関西、中京と東京の分断は日本の経済に大きなダメージを与え、震災時の救助力・復興力を削ぐことになります。その経済的ダメージを和らげ、対応力をつけていくのがバイパス機能としての北陸新幹線の役割にもなります。
リニアで関西・関東を数十分縮めるより、北陸新幹線の存在によっていざという時の救助時間の短縮をし、さらには日本復興の時間を数年単位で縮める方が重要ではないか。
経営主体やお金の出所等も含めて、必要な議論です。

まずは三陸海岸から宮城、福島に至る海岸線の皆様の救助や復興に全力を傾けなければいけないことはもちろんです。三陸海岸はこれからもアワビやフカヒレだけではなく、世界最高の高付加価値漁場であることは間違いありませんし、その観点から地域復興を行うことは収入確保をしながらの最終的な自立再建にも繋がります。

日本は永久に地震と共存していかなくてはなりません。
救済対応や再興プランはもちろん、日本全体の減災プランを考える時に
北陸新幹線の関西ルートの整備に20年も30年も時間をかけている場合ではなく、やるならやる、やらないならやらないなりの機能整備の議論は必要です。

天災に強い国、不死身の日本。
悲しみや苦しみを乗り越えながら、日本の国のカタチを創っていく。
今を生きている私達の役割です。

水曜日, 3月 23rd, 2011

・農林水産委員会
震災対応、要望が中心。畜産物価格に関する決議。
・財務金融委員会
昨日に引き続き震災対応の議論。
・農林水産部門会議
各種団体よりヒアリング。筒井大臣より、原発による農産物の風評被害に対しては茨城県や千葉県など因果関係の認められるものはしっかりと補償する、と力強い意思表明がありました。昨日より一歩前進です。

火曜日, 3月 22nd, 2011

・農林水産部門会議
震災被害状況について。茨城県を中心とした風評被害については激しいやり取りがありました。
・農林水産委員会
家畜伝染病予防法改正案が可決されました。口蹄疫等への対応に即効性、柔軟性さらには予算のバックアップ体制の拡充が図られます。
・代議士会、本会議
家畜伝染病予防法改正案、地方交付税等改正案の採決、可決。
・財務金融委員会
関税定率法改正法、IMFや世界銀行等への出資措置の法案、昨年成立した中小企業金融円滑化法(モラトリアム法)の審議、採決、可決。
3月14日以降、特に福島原発の状況が特に厳しくなってからは金融マーケットを閉じた方がいい、というご意見を多数いただきました。ただ、「金融インフラは大丈夫」というメッセージは日本の信頼性の確保、しいては震災からの復興にもつながっていきます。我慢いただいた皆様に感謝申し上げます。

次のページ »

カレンダー

2011年 3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

記事のカテゴリ

月別の記事

こんどう和也事務所
石川事務所
〒926-0054 石川県七尾市川原町60-2
TEL:0767-57-5717
FAX:0767-57-5743

国会事務所
〒100-8982
東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館819号室
TEL:03-3508-7605
FAX:03-3508-3985

E-mail:ishikawa3@kondokazuya.com