近藤和也オフィシャルサイト
民進党石川県3区、衆議院議員の『こんどう和也』公式ホームページです

ログインskip to content

Archive for 9月, 2009

もがけ!

水曜日, 9月 30th, 2009

投開票日より一月が過ぎました。
挨拶回りがまだまだ足りない。ふれあいトークも10月はまだ1件だけ。他に考えている企画も進んでいない。事務所もまだまだ満足に整っていない等々、いろいろと焦っています。
閣僚や政府の一員にもなっていないのに何をしているんだ!時間はあるだろ!
と自分自身を叱咤しながら動き回っています。

明日より年度下期がスタートです。

 

もがき苦しむ民主党

火曜日, 9月 29th, 2009

挑戦的、野心的に各閣僚が様々な発言をし、行動に移しています。
変化に摩擦は付き物。閣内においての意見の相違もある意味当然です。最良の道を見つけ出すべく、喧々諤々の議論をする。当然のことです。
民間はこの不況の中、もがき苦しんでいます。
政治がもがき苦しむのも当然のことではないでしょうか。

川辺は中止にしていいけど、八ツ場はダメ。
無駄遣いっていうけど、その無駄のおかげで自分達はメシを食わせてもらっている。
子育て支援して何の意味がある。
高速道路無料化反対。ただより高いものはない。
天下りを楽しみにしていた官僚が可愛そう。あいつらだって人生設計がある。
今の政権は社会主義だ。

と、今日だけでも私も様々な意見をいただきました。

私としての意見を述べる。
そして地域としての意見を作っていくのも私の役割です。
同席した方の中で、それぞれが正反対のことを言う。その場で適切な方向性を示せるかわからない。そういった緊張感を大切にしていかなくてはいけません。

私も当然、もがいています。

月曜日, 9月 28th, 2009

ある議員の方とばったり会って言われました。
「民主党に変わると不安で不安で・・・」
対して私は
(じゃぁ今までが安心だったんですか?」)という言葉をグッと飲み込んで、
「そうですね。頑張ります」

会話にならない会話ですが、お互い理解をし合っていくしかありません。

上野発の

日曜日, 9月 27th, 2009

20090927224858.jpg

夜行列車に乗って今から石川に帰ります。

日曜日, 9月 27th, 2009

関東七尾の会に参加。
多くの方と交流を深めてきました。
終了後、東京事務所へ。
たまった書類に目を通し、帰路へ。
上野発の夜行列車、です。

土曜日, 9月 26th, 2009

選挙後二度目の県連会議。政権政党であるとの自覚を共有し、以前よりも活発な意見交換がされました。私も今までは「居候」のような立場でしたがこれからは違います。言うべきことはしっかりと言っていきます。

七尾市会議員候補予定者の「さとう喜典さん」の事務所開きに参加。
「やまざき智之君」と含めて2人が民主推薦。
「やまぞえ和良さん」を合わせると3人が支持候補です。
今までの選挙では立候補予定者としての立場での応援でしたが、こちらも以前とは立場を変えてしっかりと応援をします。

夜は「遠方より友来たる」。
久しぶりに(お酒を)注ぎに回らない酒席を堪能しました。

亀井氏の発言について

金曜日, 9月 25th, 2009

亀井金融相の発言に批判が集まっています。
モラトリアムあり得ない、現状はそこまで酷くない、よけいに信用収縮を引き起こす等です。
たしかに今までではあり得ない考え方かもしれませんし、最悪期を脱したとの見方があることも間違いありません。
表面上は
新興国の急速な回復。過剰流動性と資源高がもたらした株価の反発。前与党が選挙前にさかんに「底入れした」と喧伝したこと。そして、政権交代の熱狂による一時的な麻痺が楽観的な雰囲気を作っているのかもしれません。
ただし、現状とこれからはどうでしょうか。
資源高の悪影響、公共投資を中心とした景気対策の息切れ、そしてそもそも中小零細企業は現実から目をそむけることも出来ない大変厳しい状況のままです。
厳しい現実が今そこにあり、年末、年度末へ向けての緊張感が必ず高まってきます。
「・・・ショック」
日本企業名が冠されるその時が来るかもしれません。
野村證券の増資はその緊張感を先取りしたものだとも言えます。
のん気な楽観主義は打つべき手を打ち尽くした時のみです。
現状を考えれば亀井金融相の発言は底割れを防ぎ、リスクを周知させ、万が一への対処を先取りするためにも必要なものであると考えます。

今から考えると・・・

木曜日, 9月 24th, 2009

「今から考えるとゾーとする」
ある支援者の方が言われた言葉です。
1年前、2年前において私を応援すること自体が勝ち目の薄い反乱軍に手を貸すようなもの。石川3区はそのような選挙土壌でした。(過去形にするにはまだ早いですが・・・)
でも私は思います。
未来に対して「ゾー」と寒気のする思いを抱いたからこそ行動し、今において過去の寒気を明るく想像出来るのではないでしょうか。

そして、現在の社会環境はそれこそ身も凍える程の状況です。
政治に携わる者は寒気を超越するほどの緊張感を持って頑張らなければいけません。
必ず良い日が来ます。

水曜日, 9月 23rd, 2009

久しぶりに愛車「ジム」に乗っての単独行動。
活動を始めて休日の感覚はもうありませんが、能登有料道路の渋滞解消と県外ナンバーの減少に、シルバーウィークの最終日であることを感じます。

火曜日, 9月 22nd, 2009

輪島市を挨拶回り。
輪島市と一言で言っても、町野地区からツルギ地(つるぎじ)地区まで50キロ以上。
移動距離が長く、面積が広いだけではなく、今日お邪魔をした先でも漁業、農業、床屋さん、旅館、福祉施設、畜産等々職種も幅が広い。
本当は一時間ずつでもゆっくりと話をしたいのですが・・・
後ろ髪ひかれる思いで、各地をあとにしました。

夜は志賀町のお祭りに参加。

月曜日, 9月 21st, 2009

穴水、能登町を訪問後、夜はかほく市で会合。
各首長との対応や先日ブログで書いた弔電を出さないことなど、まだまだご説明し、理解していただかないといけないことがあると感じます。
村八分は火事と葬式の二つだけは別という意味、だから弔電くらいは出してもいいのでは?このようなご意見もありました。

物事を一つ変えようとするといくつかの批判があることは当然です。

批判を恐れて変えなければいけないことを変えなかった。
変えたはいいが、批判を聞く姿勢が足りなかった。
約束を守ること以上に、いつの間にかその約束を言った自分のプライドを守るために約束を守ろうとしている。

これからの民主党のマニフェストの実行の中で、それぞれの段階に対する批判が必ず出てきます。私自身、一つ一つ問題が今どの段階にあって、私自身がどのような行動をなすべきかを考えなければいけません。だからこそ、数多くの方々としっかりと対話し続ける必要性がなおさら増して来るんだと感じます。

次のページ »

カレンダー

2009年 9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事のカテゴリ

月別の記事

こんどう和也事務所
〒926-0031
石川県七尾市古府町ワ部45−2
E-mail:ishikawa3@kondokazuya.com
TEL:0767-54-5005
FAX:0767-54-5009

LOVE JAPAN

日本の政治.jp