近藤和也オフィシャルサイト
民進党石川県3区、衆議院議員の『こんどう和也』公式ホームページです

ログインskip to content

Archive for 4月, 2008

この気持ち分かりますか?

水曜日, 4月 30th, 2008

本日は7時30分から2カ所で街宣をしました。
20・杉ノ屋、21・子浦
9時からかほく市の支持者の方と津幡町、かほく市内を訪問。
「民主党嫌いや!」もたまにはありますが、
「もう変えなだめやぁ〜」の声が圧倒的です。
ガソリンスタンドでの声にも2種類あります。
「民主党が余計なことしてくれたおかげで大混乱。現場の苦労をもう少し知れ」
「税率が上がって売り上げが減ればそれこそ死活問題。自治体より先にうちが潰れる」
前者は系列が同じ店舗です。何か通知が来ているんでしょうか。

一家に2台3台が当たり前のこの石川3区では、自動車販売、整備の会社も数多くあります。関連商品も含めると主要産業の一つとも言えるでしょう。ガソリン消費を抑え込むことはこの産業全体をも抑え込むことにつながります。GSも大切な職場の一つです。企業誘致も大切ですが、今ある企業(職場)を守ることも重要です。
「民意無き再可決」の先に国や地方の財政の健全化がたとえあったとしても、
その先には「国民生活無き道路」の荒涼とした風景が広がってしまう。
消費者庁を作るくらいなら、一度下野をして消費者の実態を見てくるべきではないでしょうか。

つい先ほどセルフスタンドで給油してきました。20分程待ちました。一台当たり通常の給油より随分と長い時間がかかっているような気がしましたが、自分の番が来て分りました。皆さん(私も)「ガチャ!」と一度給油のレバーが上がった後でも給油口を少し離して給油しているんです。
この気持ち分かりますか?与党の方!!

残念ながら与党の方で今日(特に夕方以降)に指示も含めて給油した方はいないでしょう。

G.W.特別企画!

火曜日, 4月 29th, 2008

本日よりGW特別企画を始めました。
名づけて
「石川3くるっと100ヶ所街宣」
です。
いつもの1・七尾駅前を皮切りに2・七尾市役所前、3・飯山交差点、4・羽咋バロー前、5・羽咋市消防署前、6・千里浜インター近く、7・宿東近く、8・免田、9・高松中央、10・木津、11・外日角北、12・白帆台、13・内灘役場前、14・向陽台1丁目、15・内灘駅前、16・近岡交差点(金沢市ですが)、17・湊2丁目交差点(ここも金沢市)、18・アルプラザ津幡前、19・津幡郵便局近く
以上、今日は19カ所で街宣を行いました。

G.W.最終日の6日までに100ヶ所で街頭演説を行います。
選挙区内をまんべんなくまわる予定です。
aaeiaieyuyayuyineau2-053.jpg

それにしても今日は暑かった。そして、多くの方に手を振っていただき、本当にうれしかった!
aaeiaieyuyayuyineau2-064.jpg

月曜日, 4月 28th, 2008

6時より七尾市倫理法人会
7時40分より七尾市警察署近くでOGU
後、能登島、中島地区を含む七尾市内を訪問。
19時30分から七尾市で1時間程バドミントンに参加。10数年ぶりで、ヘトヘトです。

明朝は七尾駅、市役所前で街宣します。

民主党と「憲法を考える」つどい

水曜日, 4月 23rd, 2008

横路孝弘衆議院議員を講師に招き、憲法を考える集いを開催いたします。
奥田建氏、私も登場しますので、よろしくお願いいたします。 

と き  4月26日(土) 午後2時〜3時30分
ところ  「石川県勤労者福祉文化会館」
     金沢市西念
     <入場無料 但し、定員200名>
問合せ  民主党石川県総支部連合会 
      076−232−3655     

火曜日, 4月 22nd, 2008

元社員として今回のインサイダー取引は本当に腹立たしく思います。
私が入社した1997年に野村證券で2度目の不祥事がありました。
社長が交代し、「3度目はない、あれば会社は存在意義を失い、消滅する」
当時の氏家新社長はそう宣言し、私たちも強い覚悟を持って業務を行いました。
結果として、今となっては当たり前のように「コンプライアンス」を耳にするようになりましたが、
他社に先駆けて、かつ社員一人一人に至るまで、コンプライアンスの徹底は行われていたと思いますし、むしろ「守るべきもの」のコンプライアンスというよりも、「野村はコンプラがしっかりしているから安心だ」という「攻めのコンプライアンス」として野村では昇華させていたと思います。
本当に残念ですし、今も働いている方にとってはショックも大きいと思います。
たった一人の行動によって、多くのまじめな方に大きな迷惑がかかってしまう。
業務の拡大において、人材の拡大は大変重要です。ある意味「信頼関係」のみ、と言ってもいいほどそれが商売のベースになっている分、当初から悪意を持った人間の行動を見抜くことが出来なかったのかもしれませんが、悔しいの一言です。

平城京遷都1300年まであと2年「せんとくん」に注目

水曜日, 4月 16th, 2008

7時30分より羽咋市でOGU
終了後、輪島、昼から能登町、海岸線をそのまま穴水町へ。
途中三カ所で掲示板を張らせていただきました。特に一か所は以前から「目立つ場所でいいな〜」と思っていた場所でしたが、いつ訪問しても不在で、「空き家かな?」とあきらめかけていた場所でした。
21時に中能登町に戻り祭りの準備(と言っても見ていただけですが)。

昨日23時からの某局のニュース番組。他局はほとんどがトップニュースだったにもかかわらず、冒頭のニュース一覧でも4.15後期高齢者医療制度ショックを報道していませんでした。(奈良のマスコットの件は紹介していたのに・・・)
報道の自由は当然ですが、自らが公共性を持つ存在であるとの自覚をして欲しいものです。皆が知りたがっていること、その日において一番大きな影響があったことをどうして報道しないのか。主義主張はあってしかるべきです。むしろそれが無いとやりがいもなく、力が入りません。ただし、最低限のことをした上で、論評しない、賛意を示す、反論する等を行うべきではないでしょうか。
どこかの国の、あるいはいつの日かの国の情報統制ではないんですから。
メディアの力は強い。ただし、メディアを見比べる大衆の眼力もついてきていることをメディアも自覚する時が来ていると感じます。

環境

日曜日, 4月 13th, 2008

8時30分より河北潟クリーン作戦に参加しました。

河北潟は内灘町、かほく市、津幡町、金沢市にまたがる県内最大の湖です。干拓後、水門を設け淡水湖となり、随分小さくなったとはいえ、今でも十分大きな河北潟には豊かな自然が残されていて、野鳥の宝庫や釣り場として多くのひとが集う場所となっています。干拓地にはレンコン、スイカ等の栽培や酪農がおこなわれています。自然と人の共生のあり方の模索が湖面・干拓地を含めた河北潟から見てとれます。   

「こんなに汚いとは」

びっくりしました。水辺公園に集合した時には、その名のとおり湖面近くで、釣り人もいたため「作戦なんて大げさなこと言わなくても」と内心思いました。ところが、軍手をつけて、燃える・燃えないのそれぞれごみ袋をもって湖面にさらに近づいてみると唖然。「こんなものがきれいにできるのか?」と心の中で嘆きつつも清掃開始。「去年もこんな感じやったよー」とおばちゃんに励まされながら、まるで意図的に投棄したかのような空き瓶や表現できないようなゴミを熊手のようなものも使いながら拾い集め、一人あたり何袋集めたでしょうか。なんとか満足に近いところまできれいにすることができました。

でも、私の気持ちはおさまりがつきません。
「去年もこんな感じやったよー」の背景にはこの一年間も以前と変わらずゴミの投棄があったことの裏返し。これだけ多くの方が集まってきれいにしても、来年も捨てる者と拾う者のイタチごっこが続く。棄てる側にその行動の修正を図らせない限りは解決はできない。今日のクリーン作戦に参加されている方は、ゴミのポイ捨てなどは決してしていないでしょうし、この現状をみればとても出来るものではありません。ポイ捨てや投棄に対する罰則を強化するとともに、子どもの頃より地域の清掃活動に積極的に参加させ、ゴミの投棄がいかに周りの環境に迷惑をかけ、自分の身にも関係がしてくるのかを学ばせる必要があるのではないでしょうか。
私も大阪支店時代に地下道内でタバコを吸っている人を注意し、注意したことに対し相手から怒られたことがありました。ポイ捨てを見て「コラー!」と普通に言える、当たり前の環境をつくりだしたいものですね。

7月には洞爺湖サミットが予定されています。
「環境サミット」とも言われていますが、揮発油税の暫定税率が廃止されると環境対策に逆行する・・・と環境論議をされている方がいらっしゃいます。環境にもいろいろな意味合いの環境があります。そういう方こそ、身の回りの環境が地域環境、教育環境、地球環境に対し、おかしな影響を与えていないかを自分の今までの言動を顧みて考えて欲しいものです。環境問題は大気や土壌の汚染に気を取られるばかりではなく、地球上で生息させてもらっている人間の気持の持ちようも問いかけていかなければいけません。

おめでとう!!!

木曜日, 4月 10th, 2008

本日は
7時30分より羽咋でOGU
9時から七尾市の支持者とかほく市、津幡町、羽咋市、志賀町、七尾市を訪問。
20時から七尾市でJCの打ち合わせ

明日は8時30分から中能登町でアポのため、津幡町でのOGUは行いませんが、中能登町のどこかで行う予定です。

最近二つの案内状が届きました。予備校時代の友人、大学時代の友人それぞれの結婚式の案内状です。5月に挙式で、私としても大変忙しいはずですが、大切な友人のしかも幸せなビックイベントですから、嬉しさの忙しさは喜んで受けたいと思います。
そういえば、高校の同級生や小学校からの幼馴染もここ3ヶ月以内に結婚しています。ここ数年友人の結婚式は二十代後半の時と比べ随分と減ったのですが、もう一度波が来ているようです。年齢時で27〜29歳が結婚第一次ピークだとすれば今の34歳ぐらいが結婚第二次ピークなのかもしれません。
なお、私の学年の昭和48年度生まれは第二次ベビーブーマーのピークになり、3学年下より急激に人数が減っていきます。
「第二次ベビーブーマーに第三次ベビーブームを!」
「第二次ベビーブーマーが三十代のうちに子育て支援策を打たないと、適齢期人口が減ったところで支援策を打っても少子化対策への効果が限られるんだ!」
「投資には理念とタイミングが必要!理念無きバラマキ、無駄遣いはたくさんあるが、民主党の子育て支援策(中学卒業まで子供一人につき毎月2万6千円の支給)こそ、今必要な投資である!」
等も街頭で訴えています。

ではありますが、ともかく

二人(二組)ともおめでとう!!!

火曜日, 4月 8th, 2008

7時30分から七尾で街宣
かほく市、金沢市、津幡町の支持者宅訪問
18時から七尾で打ち合わせ

という一日でしたが、ところどころで桜が満開のところもあり、ブログのために写真を撮ろうかなあ、と思いつつも車を止めるのも時間がなく、結局いつもの画像のないブログとなっています。(津幡バイパスを走っていて見えた小高い所にある桜、その手前の田んぼでトラクターを運転しているおじさん・・・桜のピンク、田んぼの水と周りの緑、トラクターの赤・・・素晴らしい風景でした)
しかし、桜は不思議です。桜は今までいたところの風景を瞬時に思い出させてくれます。
京都の北白川の疎水、津市の・・・公園、仙台の近所の公園・石巻の小高い丘にあった公園、大阪造幣局・緑地公園等。詳しい地名や公園の名前を思い出すことが出来なくても、はっきりと頭の中でその画像が浮かびあがってきます。
桜自慢はお国自慢。皆さんも譲れませんよね。
 

残したい

日曜日, 4月 6th, 2008

芹川獅子舞保存会の顔合わせに参加しました。和やかな雰囲気だったのがいつの間にか大激論。祭りを過去からの慣例で決まった日(芹川は17日)でするのが良いか、土日に変更したほうが良いかで意見が真っ二つ。背景には過疎化による祭りの担い手不足があるのですが、日付という伝統を守るのか、祭りそのものを守るのかで双方とも譲りませんでした。
私は意見を言える立場では無いので、黙って聞いていたのですが、ともかく皆さんアツイ!
そして激論を交わしている人に共通しているのは「この祭りを何とかして残したい」との思いです。

このようなアツイ仲間の存在で「まだまだこのふるさとも大丈夫だ」との熱い思いを持ちました。

次のページ »

カレンダー

2008年 4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事のカテゴリ

月別の記事

こんどう和也事務所
〒926-0031
石川県七尾市古府町ワ部45−2
E-mail:ishikawa3@kondokazuya.com
TEL:0767-54-5005
FAX:0767-54-5009

LOVE JAPAN

日本の政治.jp